プロジェクトについて
Genkicellは、ブロックチェーン技術を活用し、サイロ化されたデータ及びIoTデバイスで収集されたパーソナルヘルスデータ(PHR)をヘルスケア産業に提供することで、人々の健康的なライフスタイルを実現する予防医療の基盤となることを目指しています。また、Genkicellでは、個人のヘルスケアデータをデジタル資産に変換し、複数人による検証を通じてデータ資産の信頼性を保つことができます。そして、Genkicellにより加工されたヘルスケアデータはヘルスケアサービスの質を高めると同時に、Genkicellは、中小規模の研究機関、個人にもビッグデータ分析処理サービスを提供することが可能です。
技術的な優位性
現在のヘルスケア産業におけるボトルネックに基づき、Genkicellはブロックチェーンテクノロジーを用いて、ヘルスケアボリュームエコシステムを構築するために以下のようなイノベーションを行います。
Genkicellのエコシステム

Genkicellは信頼性の高い、データに価値を与えるエコシステムを構築します。エコシステム内の個人ユーザーは、自分のデータをGenkicellで共有することにより、包括的なヘルスケアサービスを享受すると同時に、ヘルスケア関連のサービス及び商品の購入も効率的に行えます。また、エコシステム内のサービス提供者にとって、効率的なマネジメントツールを導入でき、より質の高いサービスを提供することができます。そして、Genkicellのエコシステムに参加することにより、効率的に信頼できるデータを獲得するだけではなく、ヘルスケア研究におけるデータの分析処理のコストを低減することも可能です。

ヘルスケアマネジメントDApp
Genkicellは、ヘルスケアデータ管理、ヘルスケアデバイス管理、ヘルスケア及び保健サービスを統合する、非中央集権化アプリケーション(DApp)のサービス及び開発フレームワークを提供します。ユーザーはDAppを通して、自身のヘルスケアデータを管理することができます。また、個人のヘルスレポートを自動的に作成すると同時に、データのアクセスを承認することで、報酬を獲得することができます。得られた報酬はDApp上で世界中のヘルスケアサービスを購入することができます。
  • ユーザーは自分のデータを完全に制御できます。
  • 越境ヘルスケアサービス
  • デジタルヘルスレポート
  • 安全性、信頼性の高いデータのシェアによる報酬の獲得
ヘルスケアデータの収集及び分析フレームワーク
Genkicellは効率的、信頼性の高いヘルスケアデータ分析システムを構築します。 研究者及び研究機関はGenkicellから提供されたフレームワークを用いて、より効率的にデータを獲得することができます。 Genkicellにおけるエコシステム及びフレームワークの構造により、データ利用者はデータ分析の結果以外を得ることができないため、データ提供者のプライバシーを保証することができます。 ユーザーはGenkicellのエコシステムを用いて、データに関連するタスクを依頼することができます。中小開発研究機関はこのフレームワークを通して、データ分析処理のコストを低減することができます。
  • 信頼性の高いデータリソース
  • グローバル規模での効率的なデータ収集
  • データリソースのプライバシー保障
  • 低コスト
認知的アシスタントフレームワーク
認知的アシスタントフレームワーク
Genkicellは、ヘルスケア産業におけるニッチ分野のヘルスケアデータにおいて、ビッグデータ解析及び人工知能サービスによりヘルスケア産業の従業者の意思決定効率を高まることができます。
  • 大量の構造化されたデータセットを提供
  • 人工知能のモデルをタグ付けされたデータにより最適化
ヘルスケアサービスマネジメントフレームワーク
ヘルスケアサービスマネジメントフレームワーク
Genkicellはユーザーにヘルスケアのマネジメントフレームワークを提供します。 このフレームワークを通して、ユーザーはヘルスケアサービス、設備管理、慢性病介護管理、ユーザー分布分析、薬品追跡、新薬開発など幅広く、簡単に開発を行うことができます。これにより、このフレームワークは、Genkicellのエコシステムにあるヘルスケアサービスの質を高めると同寺に、より合理的な資源配置により、データ分析による緻密な運営を実現し、サービス提供者のコストを低減することができます。
  • 集客コスト低減
  • ユーザーポートレート分析
  • サービス質が高める
  • データ分析による緻密な運営
ロードマップ
2017 02

ゲンキセル プロジェクト起動
2017 06

日本の各医療機関、コンソシアームと戦略的業務提携を結び、医療ビックデータの収集と実証実験を始まる
2017 10

ホワイトペーパーを完成し、日本における金融庁の正規登録が始まる
2018 01

JCDAと連携し、ビッグデータに基づいたボロックチェーンと予防医療の実験応用開始
2018 03

ゲンキセルにおける1.3バーションのホワイトペーパーリリース
2018 04

1.プレスセール完了
2.ホームページ作成完了
2018 05

ロードショー及び関連宣伝活動起動
2018 06

1.戦略パートナーと提携
2.エコシステムコミュニティ設立
2018 07

1.ロードショー及び宣伝
2.取引所登録手続き開始
3.ファンドからの融資完了
2018 Q3

1. 人材確保
2. 学術の会議を定期的に開く、(One healthcare & Blockchain)
3. コンミュニティの開発
4. 運営及び相関技術開発を起動
2018 Q4

1.フレームワークの設計を完了
2.アーキテクチャーをモジュール化する
3.相関医療機関とパートナーとの実証実験
4.ゲンキセールの専用ウォレットを開発
5.今まで協力していただいたパートナーと一緒に豊橋市でエコーシステムを作り出し、ゲンキセールのボロックチェーン技術の経済モデルと実際の応用を検討する。
6.日本及び世界の一流大学と研究室を設立する
2019 Q1

1.AI研究機構と連携する
2.知能医療関連のモジュールを実現する
3.メインチェーン開発完了
4.プロジェクトの進歩に関する重要な情報を公示
2019 Q2

1. バッグを修復する
2. メインチェーンをリリースし、ソースコードを一般公開する
チーム

粟田翔太

CEO

Read more

四條 能伸

CTO

Read more

立石 琢雄(知雄)

IOT産業顧問

Read more

富田 尚史

首席金融顧問

Read more

佐々木 太裕

CRO

Read more

近都 真侑

CMO、医師

Read more

藤井 伸一

CAO

Read more

柴田 諭

日本政策研究顧問

Read more

Charles Li

市場コンサルティング顧問

Read more
×

Shota Awata

CEO

×

Shota Awata

CEO